All Arnd JpnAll Arnd Jpn

自転車日本一周の旅

あらゆる旅は、その速さと比例してつまらなくなる。

Profile

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • オカムラヨウスケ
  • 1987年11月11日生
  • A型
  • グラフィックデザイナー
学生時代部活経験なし。

一人旅経験なし。野宿経験なし。

自転車はママチャリ以外乗った経験なし。

なしなしだらけ...

晴れ 本日の走行距離0.0km

【318日目】屋久島町(鹿児島)《世界遺産:屋久島》

本日も連日のトレッキングです。

 

今日は「縄文杉」を見に行きます。

通称、樹齢1000年以上のものを屋久杉と呼んでいるんですが、

縄文杉の推定樹齢はなんと7200年!

世界最古の植物とも言われています。

 

縄文杉へたどり着くには片道約4〜5時間のコースを行かねばなりません。

 

 

 

と、なると…

深夜3時半起き。

これでもかというほどの早起き。

 

半分寝ながら登山口に向かうバスに乗り込みます。

img_2700

今日も人が多いです。

でもみんなまだ脳が立ち上がっていないのか、人が多いのに生気を感じません。

 

 

朝の5時半頃、荒川登山口に到着。

img_2704

他の方たちはガイド付きにしている方が多いようです。

確認事項や注意事項を説明したり朝ごはんのお弁当を食べたり、準備体操をしたりしています。

 

とにかく混雑が予想されるので、僕たちは集団から逃げるようにトレッキング開始。

img_2706

まだ暗い中を進みます。

img_2709

荒川登山口から入ると、写真で見えるようにレールが敷かれた道が続きます。

これは「トロッコの道」と呼ばれ、

昔に屋久杉の運搬に使われていたそうです。

 

ひたすらこのレールに沿って行けばいいので道には迷いようがない。

img_2715

ただ、このトロッコの道で厄介なのがレールを支えるまくら木。

人が歩く歩幅にしては狭い。

かと言ってひとつ飛ばしで歩くとちょっと広い。

しかも等間隔というわけでもないので下を見て歩かないとつまづく。

img_2820

周りの景色なんて見る余裕がない。

かなりフラストレーションの溜まる道です。

 

そんな歩きにくいトロッコの道をズイズイ進みます。

 

すると途中からまくら木の上に板が乗せられているゾーンに入り、歩きやすい状態に!

img_2716

img_2718

img_2725

これでやっと周りを見ながら歩けます。

 

白谷雲水峡と同様に苔がキレイやなー。

img_2728

img_2729

だんだん太陽の光が強くなってきました。

img_2724

img_2735

もう言わんでもわかると思いますが、

今日も当たり前のように晴れです。

 

まっだまだトロッコの道は続く。

img_2736

 

スタートから1時間半。

単調な道に少し飽きてきました。

 

歩く道のりは単調でも周りの木々や苔たちは表情豊か。

 

 

 

img_2743

img_2800

img_2815

 

本当はもっともっとゆっくり歩きながら行くようなコースなのかもしれません。

 

 

 

そして、

 

やっっっっと、トロッコの道が終了!

 

実は後から調べたんですが、登山口から縄文杉までの約11kmの道のりの内、

トロッコの道だけで8kmあります。

3分の2がトロッコの道です。

無駄に長い。

 

トロッコの道が途切れたあとは急に足場も悪くなり、勾配もキツくなります。

img_2745

img_2746

img_2748

このあたりから大きな屋久杉もチラホラ見かけるようになります。

img_2750

屋久杉の根を踏まないように気をつけて歩く。

 

 

スタートから2時間半。

ウィルソン株に到着。

img_2758

ここは撮影スポットとして有名な場所。

 

この切り株の中から空を見上げると…

img_2760

お、すげー。

 

ハートを撮影するカメラ男子。

img_2762

この杉は豊臣秀吉の命で大阪城築城のため切られたと言われています。

 

さぁ!

縄文杉まであと少し!!

img_2769

が、ウィルソン株を越えたあたりからふくらはぎが痛み出す。

昨日の疲労が抜けてません。

 

もう、あとは根性!

 

僕たちの前を歩く家族連れの方がいたんですが、

その家族のお姉ちゃんが少し遅れてトボトボ歩いていたので、僕らも後ろから励ましながら歩いていました。

img_2772

励ますというか、

話しながら歩いた方が気がまぎれるので自分も楽なんです。

お姉ちゃんが「もう二度と来ぉへん!」って縄文杉見る前から言ってたのには笑いました。

 

足に疲労がきているので、あまり焦らず写真を撮りながらゆっくり登りました。

img_2770

img_2775

img_2776

img_2777

img_2780

img_2803

 

img_2781

img_2782

 

 

 

 

スタートから3時間半。

 

ついに縄文杉に到達!!!

img_2791

あぁーーー!!!!

やっと着いたー!!!!!

くそしんどいーーーー!!!!!!

 

 

 

これが樹齢7200年の屋久杉!

img_2784

残念ながら縄文杉にはこれ以上近づけません。

img_2789

以前は触れたらしいんですが、観光客の増加で根が踏み荒らされる等の縄文杉の生死に関わる事象が起きたので、現在は保護のためデッキが設けられています。

 

白神山地でも知床でも小笠原諸島でも少なからず同じようなことが起きていました。

自然遺産と観光のバランスは難しいです。

 

記念にパチリ。

img_2793

 

 

 

 

さて、

次は同じ道を下らなければなりません。

 

3人とも腰が重くてなかなか動き出しませんでしたが、気合を入れて下山です。

img_2805

img_2807

片道3時間半の僕らのペースは少し早いです。

急いでスタートしたのもあって、これまでの道のりもウィルソン株も縄文杉も人はまばらにいる程度でした。

 

が、

ウィルソン株まで戻ると…

img_2808

ハートを撮影する列までできていました。

ひえー。。。

 

どんどん後から後からガイド付きのグループが遅れて登ってくるので、

こちらもなかなか下りれない。

登山は登る人が優先なんです。

 

少し下りては待ち、

また少し下りては待つ。

 

 

下りの方が時間がかかりました。

やっとトロッコの道まで戻る。

img_2812

縄文杉も見て、あとは帰るだけとなると気持ちが切れてしまい…

トロッコの道が行きよりもさらに長く感じました。

 

無限に感じるレールを無言で歩く3人。

 

 

スタートから8時間。

荒川登山口に戻りトレッキング終了。

 

ふぇー。

おつかれさんー。

img_2822

もう一歩も歩きたくねえ!

足パンパンです。

 

 

 

 

 

とまり木に戻っても、

花火をするみんなをただ眺めることしかできませんでした。

img_2824

 

 

 

 

 

 

 

今日も一日おかげさまの気持ちを大切に。

明日も一日とにかく安全第一。

おやすみなさい!

後

《↑クリックいただけると幸いです↑》